中国―ガーナを援助する太陽エネルギー発電システムのゼネコンになった

Date:2017/04/13


ガーナが気候変化に対応能力を高めるのを助けるために、中国国家発展と改革委員会は家庭用太陽エネルギーシステムを提供してガーナ能源と石油部を援助する。深セン市スパーク光電科技有限会社(下記スパークに略称する)はこのプロジェクトを引き受けた。スパークは技術チームを組んでガーナへ移動して人員訓練と現場指導を行った。

      近頃、スパークはまたいいニュースがあって、これが気候変化なので、ネパールの32325個家庭用太陽エネルギーの発電システム国家援助項目を成功に取った。2016年三月二十一日に李克強総理とネパール奥利総理二人共で、我が国家発展改革委員会徐紹主任とネパールの人工環境部長が一緒にこの(気候変化の物を送ったメモ)項目を署名しました。この項目はネパールは国内で気候変動に対応する能力を高めのために、同時に、中国対外援助家庭用太陽光発電用電源システムの数量最大のプロジェクト、3万人の家庭基礎照明及び生活エネルギー需要を解決することができる。

 

      スパークは十年の太陽光照明ソリューション企業として、豊富な応用の経験があります。頼りに国家級の太陽光半導体照明の実験室と省級太陽エネルギー照明応用技術研究センターを支えて、太陽エネルギー技術開発及び応用に専心して、複数発明特許と省科学技術賞を取得した。現在の太陽光照明製品と家庭用太陽エネルギー家庭用発電システムが売れていて、ヨーロッパ、南アメリカ大陸、アフリカ、中東地域などの国。特に「一帯の1番路」、即ち、ミャンマー、タイ、パキスタン、マレーシアなどの沿線国は広く応用された。近年来、スパイクよりは、技術革新の優勢によって、多くの「一帯の1路」と国の気候変動の対外援助プロジェクト太陽エネルギー照明項目を受け取った。その中には一部の重大なプロジェクト:ミャンマーの太陽エネルギーの街燈、カラチ-パキスタン市太陽光照明、アンティグア・バーブーダの太陽エネルギーの街燈、ドバイの太陽光の街燈、ガーナの家庭用ソーラー発電システムプロジェクトなど多くの項目が、良好な経済と社会の利益を得た。

 

      現在は、世界の気候がますます悪くなります、2016年11月に気候変化に対応して新しい合意と取った、「パリ協定」を正式に成立しました。2020年の後に全世界で気候変動行動に対応して手配する。長年にわたって、世界共通協議の範囲内において、積極的に「南と南協力」などを推進して、発展中国家の気候変動計画に対応して、世界の気候変動に対応するために積極的に貢献した。今後、スパークは引き続き発揮は新エネルギー照明方向の技術革新の優位して、国における気候変動に積極的に対応して行動する、多くの国の気候変動や人類に気候変化に対応して、省エネ削減に貢献する。


メッセージ