日本仙台,日本通運社T8 LED蛍光灯


 

  2010年3月31日、有名な日本通運企業(フォーチュン500企業の一つ)は、ジャーナルで声明を発表し、仙台での新たな港湾物流ゾーンがすべてのプロジェクトでのLED照明製品が装備されることによると、倉庫の照明、駐車場の照明とオフィスエリアの照明を含む。そして、計画は2011年3月に完了すると推定された。これは、彼らがLEDの省エネ製品を初めて使用するときです。
 


 

   2010年12月、強力な生産能力で、時間どおりに。LEDトンネル灯、LED街路灯とLED蛍光灯を含むプロジェクトに必要なすべての物品を、完成した、商品は40フィートのコンテナによってロードされるとして深センからの直行便で送られた。仙台市、日本2011年1月上旬、日本ではSPARK"の製品をデバッグしてインストールを開始し、プロセスは非常に順調に進んでいた。その後、3月11日、完成しオープニングセレモニーが開催された、写真はその日に撃たれに続く。偶然にも、日本の最悪歴史の中で地震(9.0)が行われたと同じ日に大規模な津波を引き起こした。
 


 
  でも、SPARK社の製品は、強い地震と津波ではほとんどダメージを持っていないが、街路灯のわずか極が原因でコンテナの影響下に落ちた、障害者の街路灯の一部を引き起こす。他のすべての製品は正常に動作ます。
 


 

  この事件後、日本は私たちの製品の品質を賞賛し、より多くのプロジェクトは、緑の照明の日本の進歩を移動、SAPRK製品を使用する。同時に、この経験は大きく、世界のLED産業のSPARKの影響が改善されている約束。いくつかあったこのイベントの後にSPARKの製品に関する世界のお問い合わせ周りのプロジェクトの請負業者は、よく知られたアメリカジャーナル--- LEDのマガジンで公開されています。


メッセージ